神戸新聞に掲載されました「神戸に3Dプリンター工房」

ようこそ さん

神戸新聞に掲載されました「神戸に3Dプリンター工房」

2017-05-24

■初心者にも創作の場を 神戸に3Dプリンター工房

ものづくりに関心のある人に自由な創作の場を提供しようと、神戸市東灘区のシステムエンジニア圓丸哲朗さん(67)が、3Dプリンターなどの機器を備えた工房を、同市中央区海岸通2の昭和ビルに開設した。
使い方の講習会も催しており「デザインや手作りに興味のある初心者に、最先端の機材を使う楽しさを実感してほしい」と、活用を呼び掛けている。
 
圓丸さんはコンピューター技術者として活躍する傍ら、地域イベントの企画に長年携わっている。技術や創作の現場では、立体的な模型を作り出す3Dプリンターの活用が広まりつつあるが、「神戸では、費用面や、技術を学ぶ機会が少ないなどの理由で、市民が機器に触れる場がほとんどない」と感じていたという。
 
そこで、昨年度の県の「高齢者コミュニティ・ビジネス離陸応援事業」の助成を受け、工房「MalsLabo(マルスラボ)」を3月に開設した。レトロなビルの一室には、3Dプリンターとレーザー加工機の計4台が所狭しと並ぶ。
 
まず講習会で使い方を学び、会員になると機器を自由に使うことができる。パソコンでデザインしたり写真を取り込んだりしたデータを使って、立体模型や精巧な切り絵、コースター、スマートフォンのケースなど多彩な品を創作できる。
 
現在は主に圓丸さんが運営しているが、いずれは、スキルを持った高齢者が使い方を指導するなど、“雇用の場”としても役立てたいという。
 
圓丸さんは「使い方は無限大。ものづくりの街・神戸の発信の場になればうれしい」と期待する。
 
工房は月-土の午前9時~午後6時。基本講習会を受講(3千円)した後、入会が必要。問い合わせはメール(malslabo@gmail.com)で。(神戸新聞記者:久保田麻依子)


イベント・講習会についてこちらをご覧下さい。




コメントを残す

*

PAGE TOP



MalS Labo Kaigandori KOBE

〒650-0024
兵庫県神戸市中央区海岸通2丁目3-11
昭和ビル501
TEL:078-391-1023




MENU

TEL

CONTACT
HOME